アジア

暮らすように過ごし、波と遊ぶ。サーフィン三昧のバリ島一人旅

一人で旅をする一番のメリットって、誰にも気兼ねすることなく思い立ってすぐに行動できること。もちろんそれは眠りたいときに眠れる、とか食べたいときに食べたいものを食べられる、という場面でもそうなのですが「良い波がきたときにすぐに海に行ける」というのもあります。誰かと一緒に旅をしていて、早朝相手を起こさないようにそっと海に出かけ、サーフィンに夢中になっていたらすっかり朝食の時間を過ぎてしまい相手の機嫌を損ねてしまう…なんてことも一人旅ならありません。そんなサーファー女子におすすめのツアーをご紹介します。

こんな時におすすめ
▶ひたすらサーフィンに没頭したい
▶海に癒されたい
ひとり旅の目安
【日数】4泊5日【予算】95,800円~(※2017年8月の料金)

自由気ままに波を楽しむ!サーファー女子におすすめのバリ5日ツアー

バリ島には初心者から上級者まで楽しめる多くのサーフスポットがあり、一年中良い波をつかまえることができるため世界中からサーファーたちがやってきます。ガルーダインドネシア航空の直行便でバリへと向かい(あまり知られていませんが、実はガルーダインドネシア航空はサーフボードの持ち込みが無料!)、ステイするのはサーファーに人気の「グランド イスタナ ラマ ホテル」。クタビーチのサーフポイント「ハーフウェイ」に近く、バリらしい設えの落ち着くインテリアは長期滞在する人も多いとか。リピーターも多く、旅先でありながら自分の家のようなくつろぎを感じることができそうなホテルです。

イメージ

ホテルのレストランからビーチの様子が見えるので、波のコンディションをチェックしやすいのも嬉しいところ。良い波が来た!と思ったらすぐにビーチへ出て思う存分堪能する、という夢のような滞在を可能にしてくれます。しかもサーフボードを置くスペースもありボードを洗うこともできるという、まさにサーファーにとっては至れり尽くせりのホテルなのです。




イメージ

3泊以上の滞在で毎日のランドリーがサービス(2枚まで)というのもありがたいですね。暮らすように旅する…とはいえ、洗濯などを自分で行うのは結構大変です。さらにレイトチェックアウトで18時まで滞在できるというサービスも(ピーク時は15時まで)。早起きして海を楽しめばやはり日中眠くなってしまうから、ホテルをチェックアウトしてフライトまで街中で過ごすよりもホテルでゆったり疲れを癒したいものです。
滞在中サーフィンとお昼寝の合間にはホテル近くのショッピングセンター「ビーチウォーク」で気軽に食事するのも良さそう。徒歩圏内には1000円以内でマッサージを受けられる街スパもあるので、サーフィンで疲れたカラダをケアしに行くのもおすすめです。ちょっとラグジュアリーなスパに、というときはオプショナルツアーを利用するのも便利。

日常を離れ、誰にも気を使わずに自由に波とたわむれて過ごす休暇。バリの優しい素朴な空気とあいまって、心の底からリフレッシュできる旅になるはずです。

このツアーの詳しい情報はこちら
その他のバリ島ツアー、観光情報についてはこちら

関連記事

  1. 思い立ったらふらっと行きたい、ホーチミンショートトリップ
  2. マレーシア一人旅ラスト1泊に!海に浮かぶパビリオンの中のスパ
  3. 素の自分に戻る旅。スリランカ「アーユ ピサヤ」に行きたい理由①
  4. ラグジュアリーに体質を変える、5日間集中デトックス滞在
  5. 日本人のために作られた、ホーチミンのプチプラスパ「センススパ」
  6. 素の自分に戻る旅。スリランカ「アーユ ピサヤ」に行きたい理由②
  7. 究極の非日常が欲しいときに!チェンマイの王宮寺院で過ごすような休…
  8. 大人の週末海外、ホーチミン一人旅 DAY,1~蟹の名店とルーフト…

新着

PAGE TOP