アジア

ムエタイも体験できる!? バンコクの隠れ家ラグジュアリーホテル

巨大な資本系のホテルが立ち並ぶバンコクの中心部を少し離れた、チャオプラヤ川沿いに佇む、こぢんまりしたラグジュアリーホテル「ザ・サイアム」。ここはタイのアーティスト一家がオーナーというだけあり、ホテル内のインテリアもまるでミュージアムのようです。たった39室だけのヴィラも美術品やアンティークに彩られており、そんな空間でバトラーにサービスをされるひと時はまさに別世界。ヴィラで優雅にくつろいだり、川を渡る風を感じながらカクテルを楽しむだけでも癒されますが、さらに深く癒されるために足を運びたいのがラグジュアリーなスパです。

コンデナスト・トラベラー誌で2015年に❝ベスト・シティスパ❞に選ばれたこの「オピウム・スパ」で使用されているプロダクツは、100%ナチュラルな成分で作られたオーストラリアのオーガニックブランド「ソダシ」。豊富にそろうトリートメントメニューの中でもトライしたいのはやはりタイならでは!の、温めたハーブボールを使ったマッサージやストレッチを取り入れた伝統的なタイ式マッサージです。強めのマッサージがお好みの方にはムエタイマッサージがおすすめ。
タイらしい、という意味ではムエタイトレーニング用のリングがあるのもユニーク。ここではムエタイのトレーナーからレッスンを受けることができ、ゆったりとしたトリートメントとは対極のこのプログラムも、ストレス解消に一役買ってくれそうですね。ほかではなかなか体験できないムエタイ、SNS受けも抜群なのは間違いありません。ムエタイ以外にもヨガや太極拳などカラダを動かすプログラムが充実。
カラダを動かした後はハマムを思わせるバスハウスで温まれば、凝り固まった筋肉も芯からほぐれてくれそうです。

バンコク中心部の大きなホテルに泊まるのも良いけれど、次はもう少しタイを深く感じることができるホテルに泊まりたい…そんな風に思うようになったら、是非訪れてみて欲しいホテルです。

ザ・サイアム
www.thesiamhotel.com

関連記事

  1. 女子が旅に求める全てが揃う、スリランカの魅力って?
  2. 鴨川のほとりで小休止、スパ&アフタヌーンティー
  3. 【夏休み】東京駅の喧騒に疲れたら駆け込みたい、エキナカラグジュア…
  4. トリートメント後そのまま眠れる至福を味わう、おこもり滞在
  5. 「菜園からテーブルへ」自然そのものを食べる新しいダイニング【トリ…
  6. Dr.Makoのバンコク美人旅Vol.1 予約困難なアジアNo.…
  7. 寒さ厳しい冬に受けたい、雪椿をイメージしたスパトリートメント
  8. 今年の誕生日旅行はシンガポールへ..

新着

PAGE TOP